MENU

洗顔について

まず洗顔料の選び方ですが、出来ればアミノ酸系を選ぶと良いです。アミノ酸は弱酸性なので、お肌の皮脂を取りすぎることがありません。乾燥肌の人は特に、アミノ酸系を選ぶようにしたいですね。

洗顔料を選ぶときに固形の石鹸にするのか、洗顔フォームなどを使うのか迷う場合もあると思いますが、洗顔はどちらを選んでも大丈夫です。
固形の石鹸は、植物油が配合されている場合が多く、洗い上がりがさっぱりします。洗顔フォームは泡立てられるのが良いですね。

だた、1つだけ注意したいのが、洗顔料に殺菌性のあるものは避けたいです。殺菌性のあるものは、お肌に悪い菌だけでなく、お肌を健康的に守ってくれる善良な菌もまとめてやっつけてしまいます。
洗顔の目的は、お肌の汚れを落とす目的ですから、良いものまで取り払ってしまっては意味がありません。
洗顔料を選ぶときは、殺菌成分が入っていないか、注意しましょう。

洗顔料の使い方

洗顔料の使い方のコツは、良く泡立てることです。最初に泡立てずに顔に付けてから泡立てた場合、最初につけた部分に大きな負担をかけてしまいます。
洗顔料を手にとったら、手の上で出来るだけ泡立てましょう。そしてその泡を肌にそっと乗せて、お肌をこすらないようにして優しく洗います。泡を顔の上で転がす感じで、優しく手を動かしていきます。
洗い終わったら、ぬるま湯でしっかり洗い流します。しっかり洗い流したつもりでも、お肌の方にはまだ洗顔料の成分が残っている場合があるので、少し多めに洗い流したいですね。

洗い流した後は、タオルで水滴を拭き取ります。このとき、お肌をゴシゴシとこずらずに、軽く押し当てるようにして水分をとっていきましょう。

〜札幌 脱毛サロンランキング TOPページに戻る〜