クリームや乳液をつける時の注意点

まずクリームについてですが、ベタつきがちなTゾーンは、頬より少なめの量を最後に馴染ませます。クリームは顔全体につける必要はなく、適材適所で悩みのある部分だけにつければ大丈夫です。仕上げには何も付いていない手のひらで顔全体を包み、表面に残っている乳液やクリームをしっかり肌へと入れ込みましょう。

オイリー肌の方は、ベタつくのが苦手だからといって、クリームや乳液を敬遠してしまいがちです。しかし、オイリー肌だからと言って、肌がきちんと潤っているわけではありません。

特に年齢を重ねた肌はTゾーンはオイリーでも、頬や目の回りは乾燥していることが多いです。このため、オイリー肌であっても、油分を与えるケアは必要になります。

乳液は指でパーツごとに塗るのが良いですが、一度塗っただけでは肌へのなじみ方に満足が得られない場合があります。そこで、一度指で軽く馴染ませたら、もう一度素材の良いコットンに乳液をたっぷり含ませて、パーツごとに滑らせるように優しく塗りましょう。指だけでは感じられなかった肌の柔らかさにびっくりすると思います。

また、塗った時に油分が多いと感じたり、ベタついていたらティッシュでオフしましょう。夜塗ったときはそう感じていなくても、翌朝になるとベタつくこともあります。その時は、夜に塗る量をさらに減らすことも必要です。分量を考えながら塗ることも、美肌のためには大切なポイントです。

〜札幌 脱毛サロンランキング TOPページに戻る〜

スポンサードリンク