お肌の老化原因

私達のお肌は、年齢と共に誰もが老化しておきます。これは止むを得ないことですが、若い時の生活習慣によって肌老化をグンと早めてしまう場合もあるんです。

肌老化を加速させる引き金となるものには、紫外線と喫煙、食生活、お酒、公害の5つを上げることが出来ます。

 紫外線
紫外線は、シミやくすみの直接的な原因になります。紫外線は日陰に行けば自然と消えていくものではなく、お肌に蓄積されていくものです。このため、短い時間でも日光を浴びる場合は、紫外線対策をしておきましょう。特に春先から夏場にかけて、午前10時から午後15時ぐらいまでは紫外線がとても強いことを心得ておきましょう。

 喫煙
喫煙は毛細血管を細くしてしまう働きがあり、それだけ真皮に栄養素や酸素が運ばれにくくなります。また老廃物が効率的に排除されにくくなるので、結果的に肌老化を促進することになります。また、タバコを吸うときに口をすぼめる動きが、シワの形成を促進する場合もあります。

 食生活
私達のお肌は、摂取した栄養素が最後に到達する器官です。このため、タンパク質やビタミン類、カルシウムや鉄分など、満遍なく色々な種類の栄養素を摂取することが大切だと言われています。最近ではサプリメントで手軽に摂取できるといいますが、食物からの摂取を基本として考えることが大切だと思います。

 お酒
少しのお酒は大丈夫なのですが、気をつけたいのがお酒を定期的に大量に飲んでいる場合です。この場合、お酒の影響で顔の血管が拡張してしまい、真皮のコラーゲンとエラスチンに負担をかけている可能性があります。また、お酒は皮膚からビタミンとミネラル分を奪うとも言われており、過度の飲酒はほどほどにしておいた方が良いかもしれません。

 公害
車の排気ガスや工場などから排出される有害物質は、タバコと同様にお肌に悪い影響を及ぼします。空気の悪いところに行く場合は、マスクなどを付ける習慣を見に付けておくと良いでしょう。

〜札幌 脱毛サロンランキング TOPページに戻る〜


スポンサードリンク