化粧水でお肌を引き締める

美容液で栄養をたっぷり取り入れた後は、化粧水で水分をしっかりと補給します。化粧水にはいろいろなタイプがありますが、乾燥が気になる人はしっとりタイプがおすすめです。

Tゾーンがオイリーで化粧くずれしやすいという人は、部分的に引き締める効果がある「収れん化粧水」を使うのも良いかもしれません。

化粧水はコットンを使って、入念にパッティングします。手でつけるよりも水分をお肌にしっかりと浸透させることができます。手のひらで温めて美容液をつけたあとに、ひんやりとした化粧水で風を送るようにパッティングすると肌が引き締まり、美容液の成分がしっかりとお肌に入っていきます。

化粧水を付ける流れ

1.化粧水をコットンにたっぷりふくませる

中指と薬指を芯にしてコットンを指に挟み、化粧水をたっぷりと含ませます。使用料の目安は、肌をたたいたときに少し飛び散る程度です。ちょっと多いぐらいの方が潤いが行き渡りやすいと言われています。

2.風を送るように、上へ上へとパッティング

肌を持ち上げるように、下から上にパッティングします。まずは頬や額、鼻など面積が広いところから始めましょう。お肌が上がるように意識して行うと、より効果的です。

3.目元や口元などには、入念に潤いを

目元や口元は乾燥しやすいので、指先を使ってまんべんなく水分を行き渡らせます。まぶたの上はやさしく押さえましょう。あごから首にかけても乾燥しがちな場所なので、指先でなで上げるようにしましょう。

4.手のひらで潤いをしっかり馴染ませる

まんべんなく顔全体に化粧水が行き渡ったと思ったら、手のひらでそっと押すようにして、うるおいを馴染ませます。水気が残ったままだと、乳液やクリームがうまく肌に乗りません。

〜札幌 脱毛サロンランキング TOPページに戻る〜

スポンサードリンク