クリニックにおける医療脱毛の特徴

最近はミュゼプラチナムやシースリー、銀座カラーなどの脱毛専門サロン、また、エステティックTBCやジェイエステティックなどのエステサロンにおける脱毛コースが大人気ですが、脱毛施術をしてくれるのはサロンだけでなありません。美容外科や美容皮膚科などのクリニック(医療機関)でも、脱毛コースが人気を集めています。

クリニックは医療機関の1種であり、そこで行われる脱毛を「医療脱毛」と呼んでいます。医療という言葉が付くと何となく保険が適用になるイメージも出てきますが、残念ながら脱毛は保険適用外です。

そして、クリニックで行われている医療脱毛は、特殊な光線を使った「レーザー脱毛」が主流となっています。

医療脱毛で使われているレーザーの種類

クリニックで行われている医療脱毛のレーザーには、以下のような種類があります。

アレキサンドライトレーザー
メラニン色素にだけダメージを与える特殊な光線を使い、脱毛していきます。シミなどの美容治療にも採用されているレーザーで、肌の引き締め効果も期待できます。

ダイオードレーザー
比較的細い毛にも効果を発揮するレーザーです。冷却システムも兼ね備えており、お肌へのダメージを和らげることができます。日焼けしている肌にも対応しています。また、ダイオードレーザーにおける最上位の機種であり、日本人の肌質に最も適した機種で「ライトシェア・デュエット」というものもあります。

ヤグレーザー
肌の深い部分にまで浸透するレーザーで、太く、濃いムダ毛の有効なレーザー脱毛です。

このように、クリニックの医療脱毛では、毛や肌の状態に合わせて対応できるレーザー脱毛機が備わっています。しかし、クリニックによって揃っている脱毛機にも違いがあるので、カウセリングの時のどの脱毛機を使っているのか確認しておく必要があると思います。

また、クリニックの医療脱毛はエステサロンの光脱毛と比べて、早く効果を実感することができます。早くムダ毛を無くしたい人へ、おすすめだと思います。

札幌 脱毛エステ

スポンサードリンク